富山知事選挙 新人の新田八郎氏が現職を破り初当選

ニュース・コラム

25日に投開票を迎えた富山知事選挙は、会社役員で新人の新田八郎氏が、現職の石井隆一氏らを破り当選を果たした。保守分裂で注度が高かった為か、投票率は60.67%と前回を大幅に上回った。

新田氏は当選後の記者会見で「皆がワンチームとしてこれからの富山県を創っていく、その先頭に立っていうことを、ここに皆さんにお誓いをさせていただきます。」と決意を語った。

再選を目指した現職の石井隆一氏は、保守票が分裂し十分な支持が得られなかった。

新田八郎氏は、一橋大学経済学部卒業後に第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入行。1983年、父の後を継ぎ日本海ガス入社。1985年日本海ガス取締役。この間、富山青年会議所理事長、国際青年会議所副会頭、日本青年会議所会頭を歴任した。2000年日本海ガスの代表取締役社長に就任。

コメント

タイトルとURLをコピーしました